スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B500で音作り その1

「B500で音作り その1」

B500で簡単な音作りをしました。FM音源側を使って1つの音色の明るさを変えたものをたくさん作り、フィルターの変化があるように打ち込むための音色です。以前B700でも使ったような手法です。

こんな感じの音になります↓



音色の一番暗いところから一番明るいところまでで25くらいの音色を作ってプログラムチェンジしています。

下にに音色のつくり方を貼ります。

一番暗い音 → B500 VOICE 001(Decay1--)
中間位の音 → B500 VOICE 002(Decay1+-)
一番明い音 → B500 VOICE 003(Decay1++)
 
FM音源側だけなのでB700でも同じ音が鳴ると思います。

音色を作る際はプログラムチェンジでシームレスに聞こえるように気をつけました。
そのためにはブリリアンスの設定を微妙に調整していくことが重要で、エレメントB・Dのブリリアンスを単純に同時に上げるのではなく、例えば(B・D=90・90)→(B・D=91・90)→(B・D=91・91)というようにちょっとずつ上げていきます。多分、素材として使っているボイスの特性もあると思いますが、これをやらないと変化がギクシャクしたものになるような気がします。

ただ曲中でいろんな音と交じり合うことを考えればここまで細かく設定する必要はないかもしれません。そもそもB500でフィルター効果を再現する必要があるのかって話なのですが。

余談ですが、このDEMOを打ち込んだあとほかの音色も合わせてみようと思いましたがドラムの音色がどうもしっくりきませんでした。多分B700のドラムキットの方が相性いいだろうなあと思うので今度700に音色を移して遊んでみようと思います。

ではまた。


スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

galaxydrive3

Author:galaxydrive3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。