スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B700で音色の耳コピ。

「B700で音色の耳コピ。」

今年の3月に出たTKのアルバム「Digitalian is eating breakfast 3」。
自分はそんなに興味を抱かなかったのですが、ダイジェストを聞いて「Piece Electro」という曲が気に入って、一曲だけ買いました。3月はそればかり聴いていて、自分としては久しぶりに新しい曲を聴いている時期でした。今はまた、お気に入りの曲だけしか聴かなくなっていますが。
その曲の中で、メイン(?)の部分のsuperSAWっぽい音色が気に入って「B700で鳴らないかなぁ」と思い試してみました。

そのお気に入りの音をコピって見た時を思い出しながら少し解説しようと思います。

まずは今までの経験上、シンセストリングスをLFOでピッチモジュレーションを高速でかけて、さらにオクターブをずらしてやればそれなりに聞こえるかなあと思い、やってみました。※PCM側↓


[VOON] PE Chord PCM

まぁ少し似ているけど、ちょっと印象が弱いかんじ。
アタックのカリっとした雰囲気と、音色の芯が足りない感じがしました。なのでFM側を使って、アタックに強い印象を与えて、アンプのLFOの揺れを少し緩くして中心のゆらぎを作るようにしました。※FM側↓


[VOON] PE Chord FM

なんだか頼りない音ですが合わせるとそれなりに効果があるように思います。※合わせた音色↓


[VOON] PE Chord

こんな感じです。曲中ではさらにベースも重なっていると思うので低音も効いて迫力があるように思います。どんなベース音かはっきりわかりませんが、とりあえずパルス波で簡単に作りました。↓


[VOON] Chord Bass SE

最後に鳴っているSEは、FM側のMOVE系を使ってモジュレーションとベンドの操作でそれなりに聞こえるような音を作りました。

とりあえず、この3つの音色B700でのつくり方を載せておきます。ボイスのナンバーはこれまでのブログからの続き番号にしてあります。

B700 VOICE 143(PE Chord)
B700 VOICE 144(PE Bass2)
B700 VOICE 145(PE SE001)

それ以外の音をテキトーに作って鳴らしたdemoです↓



もっと手直ししないと全然ダメですが、全く手をつけていません。。。
多分やらないと思います。

ではまた。




スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

58番、アレンジ。

「58番、アレンジ。」

B500のスイッチをいれると先ずLCDに表示されるのが「P58 Decay 1」。

それくらいほとんどこの音色ばかり鳴らしています。
そんな大好きな「ぷりせっと58ばん」をちょっとアレンジしてみようかなと思いました。

さてどうしようかなと考えてみて、この音色が2エレメントで成り立っているので単純に倍にしてみよう!とやってみました。

まずはプリセット音そのままの音を。↓


[VOON] Decay 1

これをエレメントを4にして同じPCM・FMをエレメントC・Dにコピーしてみた音。↓


[VOON] Decay 1 Edit01

エレメントのPANがすべてセンターになっているので、それぞれが干渉し合って、一部の要素が削れた音というか、とっても小さな箱の中で響かせたような音になりました。

ちょっと物足りない響きだと感じたので、エレメントC・DのDETUNEの設定をA・Bと逆に設定してみます。↓


[VOON] Decay 1 Edit02

コーラスのエフェクトをかけたみたいでいい感じ!になりました。

プレーンな感じでこれはこれでとっても好きなんですが、せっかくなんでもうちょっとクセをつけてみようかな?と思いました。

エレメントBのDETUNEをデフォルトの+3から+7に変更。エレメントA・Bのピッチモジュレーションの振り幅をデフォルトの9から12に変更してみます。↓


[VOON] Decay 1 Edit03

なんかアナログシンセで作ったみたいでいい感じ!アナログよく知らないけど。

これでもうちょっとリリースを伸ばしたいなぁ、と思ったのでQUICKでリリースを-5に設定。↓


[VOON] Decay 1 Edit04

いい感じ。そんなにパラメータを変更しなくてもだいぶキャラクターが変わったんじゃないかな?と思います。
ということは元の音の作りがとってもいいってことだと思います。さすがB500。

この音色の構成要素だとB700でも同じ音が作れるんじゃないかぁ?今度やってみよう。

ではまた~。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

B500 DEMO 02

「B500 DEMO 02」

これもプリセット58番を鳴らしたくて作ったデモです。B500で打ち込んだのはこっちが最初でした。




58番を弾きながらなんとなく気に入ったフレーズをひたすら繰り返して、もう1トラックの58番でアクセントになる音を左右にPANして打ち込みました。

その他のトラックは、まぁそれに合わせてリアルタイムレコーディングでなんとなく音をたしていった感じなのでテキトーです。

58番の音色で2トラック、あとはベース、アコギ、ストリングス、コーラスとドラムにチャンネルを合わせた2トラックの合計8トラックです。

B500やB700は気軽にサッと打ち込める使いやすいシンセだと思います。

まぁEOS以外のシンセでは打ち込んだことはないんですけど。

ではまた~。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

B500 DEMO 01 解説2

「B500 DEMO 01 解説2」

DEMO1の後半部分の解説。

後半部分は音色のグループが増えます。大きく分けるとピアノ、パッド、ブラス、ベース、P58のディケイの旋律、ドラム、と前半の倍のグループ分けができる…と自分では思います。

後半部分はまずパッドがなって切り替わります。トラック2とトラック8に設定した音色。↓


[VOON] TR2 8-B


ブラのパートは前半部分でサブのベースで重ねていた音色で、ひとつはコード、もう一つは全音符でベース部分をオクターブをずらした2音で弾いて、ブラスとベースの補強みたいな感じで鳴っています。↓


[VOON] TR5 6-B

ピアノは音符を弾いて、プリセットの58番で旋律を奏でるように打ち込み。ひたすら繰り返す3連符のトラックと、味付けの旋律のトラックがあります。↓


[VOON] TR1 3 7-B

最後にベース音ですが、この音色だけプログラムチェンジをして出した音です。トラックは4番を使用していますが後半はピアノやパッドの綺麗な音色が出てくるのではじめから設定してあるLead1だと少し雰囲気が合わないような気がして、プリセット14番のシンセベース1に置き換えました。打ち込みは低い音で打ち込んだものに、オクターブ1つ上の音をかぶせながらメリハリの音に聞こえるようにしています。↓


[VOON] TR4-B


後半の音はこんな感じです。音色のグループが増えるのに加え、ドラムのライドのゆっくりとした鳴らし方やパッド、ピアノの長めの音符で緩やかな流れを担当するパートと、ベースや3連符の旋律などスピード感を担当するパートに分かれることによって、前半よりも深みのある感じになっているんじゃないかなと思います。

とまあ、後付けで説明していますが打ち込む時はあまり考えず行き当たりばったりで思いつくままにやってます。

8トラックあると充分打ち込みが楽しめますね。


テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

B500 DEMO 01 解説1

「B500 DEMO 01 解説1」

前の記事にも書いたとおり、これはプリセットの58番を鳴らしたくて作ったものです。ほとんど感覚で打ち込んでいるので自分でも思い出しながら解説してみます。

まず全体の構造はとっても単純で単調な前半と、それより少し賑やかな後半でできています。自分は綿密に考えて打ち込みをはじめるわけではないのでこのパターンになることが多いです。

まず前半部分を解説します。

前半をさらに細かくグループ分けをすると、プリセットの58番 + ベースグループ + リズムパート、ということになります。とってもシンプル。

まず58番をテキトーに弾いていいなぁと思ったフレーズを打ち込んでコピーして、ちょっと物足りないなぁと思うところをもうひとつのトラックの58番で味付けします。


[VOON] TR3 7-A

こんな感じで、これにベースラインを加えます。

ベースラインを作る時は、結構あれやこれやといろいろ試しながら打ち込んだ記憶があります。
前半の部分でしっくりくるベースの音色が、プリセットのベースカテゴリにはなかったんです。
なのでSAW系のLeadの音色を1~2オクターブ下げ、さらに複数を重ねることで彩を出すことにしました。

まずはベースラインの中での基本部分となる音色を打ち込みます。>
この音色は基本の設定が各エレメントを左右にPanしてあるので、そのまま鳴らすと印象が薄れてしまうのでソングモードではPanを+0のセンターに圧縮してベースらしい印象を与えるようにしています。


[VOON] TR4-A

これだけでベースラインを引っ張るのはさすがに厳しいのでこのラインの音符の隙間を埋めるような感じで別のLead音色を鳴らします。>
この音色も音のエレメントが左右に振られていますが、これはそれを活かすためにソングモードのPanはVCEにします。これによってセンターで鳴っていた圧迫感のあるベースからの開放感を出します。


[VOON] TR5-A

その後そのラインにかぶせるようにまた別のLead音を重ねます。>
この音は少しきらびやかな部分があるので、これが加わると華やか印象が加わるように思います。


[VOON] TR6-A

一つ一つの音は弱く打ち込みも単純ですが、これがまとまると割と濃厚なベースライン(シーケンス?)になってくれます。↓


[VOON] TR4 5 6-A

Lead1がメイン、Lead2と3がサブベースといった感じでしょうか。
またLead2と3はチューンもずらしてあるのでそのことが音の深みにつながっているかもしれません。

さらにリズムパートで単調な流れの中でも展開があるように演出してあげます。
Lead2が入ってくる手前にフィルインとしてトラック8に設定したパッド音も一瞬鳴りますが、前半の構造としてはこんなかんじですね。

やっていることはとても単純ですね。

後半はまた別の日に。

ではまた。



テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

B500 DEMO 01

「B500 DEMO 01」

とりあえず、B500について。

4月半ばに手元にきました。プリセットの音色がなかなかよくて気に入っています。特に58番のという音色がとても好きです。

この音色を鳴らしたくてDEMO曲を2つ、打ち込みました。

そのうちのひとつがこれ↓



B500は、ダンス系のB700に対してロック系のキャラクターと言われているようですが、ロックとは違う方向にイメージが広がっていきました。
プリセットの音色の内容は言われてみればロック調な気がしますが、自分で聞いてみて明確にそれだとと感じたのはドラムキットの音だけでした。だからB700同様、やろうと思えばなんでもできると思います。

書くのが面倒になったので今日はこれで終わりますが、後日打ち込みの時の少し細かい話を書くと思います…たぶん。

最後に音色やエフェクトの設定を書いたメモを置いときます。
ちょっとわかりにくいですけど。

→ B500 DEMO 01 setlist

おやすみなさい。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

最近のこと

「最近のこと」

0001.jpg

前の記事にも書きましたが、2つ目のブログを終えてからは光景からイメージした音色を作る!とか、みっちり打ち込む!みたいな感覚は自分から少し離れて、気が向いた時になんとなく気に入った音色を鳴らしたり、それを少しアレンジしてみたりとか軽~くEOSを触っているという感じ。

耳コピ風なことなんかもしてますが、ゆるーい感じで実験をして遊んでいる程度。

B500に関しては、今はプリセット音がなかなかよくて、それを鳴らすことが楽しいのでオリジナルの音色はほとんどEDITしてません。
B500のPCM側にあるVOICEも細かく聞いてみてB700と同じような音でも、少し感じが違っていたりして面白い。ドラムの音もそう。
やはり長年付き合ってきたB700と同じ形をしたものから、それまで聞いたことのない音が出るっていうのは新鮮で単純に楽しい。

今はそのくらいの距離感でEOSを楽しんでます。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

はじめに。

「はじめに。」

ここはTMN好きからEOS好きになり、これまでもこれからもEOSでワクワクを楽しみたいと思っているワタシがテキトーに何かを書いていく場所、にします。

※最初のブログ → とりあえず。

※2つ目のブログ → 続くかな?

EOSというのはYAMAHAから出ていたシンセサイザーという楽器のシリーズでした。

EOSについてのブログはこれで3つ目になります。

最初は大好きなEOSについて多く語っているようなブログがあんまりないなーと思っていたことと、とある掲示板で自分の愛するYAMAHA EOS B700という機種について、性能的にあまりよくないという意見が多いことに「そうかな?充分使えるけど…。」という自分の思いの発信のために、1つ目のブログを作りました。

※1つ目のブログ → 「とりあえず。

ブログを作る少し前からニコニコ動画に投稿したものと関連させたものです。動画の投稿もブログの書き方もよく知らなかったので、なんとなく観ていたニコニコ動画で投稿しはじめて、今に至るって感じです。

で、一通り投稿することにも、ブログで書く事にも満足し終わって、でも少しだけ期間を決めてオマケを書こうと思ったのが2つ目のブログでした。

※2つ目のブログ → 「続くかな?

この2つ目のブログを終える頃には、シンセにものすごく熱中する時期の第二期が自分の体から抜けていったなぁという感じがありました。(何がどうして「第二期」だったのかという理由は1つ目のブログに書いています。)

それで今は、シンセの電源を入れても集中せずになんとなく音を出して遊ぶ程度の時期になっています。

そんななか、ワタシの元に新たにEOS B500がこの春やってきまして、ショージキかなりめんどくさいと思いつつも音源をアップする場所を作っておこうと思いましてこの3つ目ブログを開くことになりました。

前の二つもダラダラてきとーにやってきましたが、今回はさらにてきとーーーーぉになりそうな気がします。

ブログの設定のしかたも忘れていたので、いろいろ思い出すのに疲れて既にめんどくさいですが、これからダラダラとやっていく…と思うので、どうぞよろしく。




galaxydrive.

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

galaxydrive3

Author:galaxydrive3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。